« ムカデ人間2 | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »

トータル・リコール

Totalrecall

火星には行きません。

トータル・リコール 公式サイト

※ネタバレしてます

フィリップ・K・ディック原作、ポール・バーホーヴェン監督、シュワちゃん主演のSFヒット作『トータル・リコール』をアンダーワールドシリーズのレン・ワイズマン監督がリメイク。
シュワちゃんに代わり主演はコリン・ファレル。
あの頃のシュワちゃんより細身ではあるけれど、じゅうぶんムキムキですよ。

旧作と新作、どちらがより原作に則しているのかは読んでないので分からないし、旧作にはそこそこ思い入れもあるけれど、これはこれで面白かったです。
てかかなり好き。どっちも好き。
バーホーヴェンの悪趣味全開な旧作に比べ、こちらはブレードランナー的洗練された未来風景がかっこいい。

こういうのは出てきませんが、

Totalrecall2

旧作へのオマージュが、捻りを効かせつつ散りばめてあってニヤリとします。

おっぱい3つ、空港の女性や(同じ女優さんが演じてるとか)、キャットファイト、汗じゃなくて涙、エレベーターで腕がボキッと折れて取れちゃうのもロボットになってたけど、あれもそうかな。
あと鼻じゃなくて手のひらもか?
バーホーヴェンならではのセンスで、アナログな特殊メイクだったからこそグロテスクで絵的におもしろかった旧作をまんまCGでキレイに再現したって意味ないし、これで正解と思います。

あとコロニーの歓楽街でおっぱい3つの女性が出てきたときにもしや?と思ったけど、火星には行かないのね。(気付くの遅)

やっぱり火星という地球とは全く違う異世界へ行くというのが物語的にわくわくしたので、そこはちょっと最初残念に感じられたのだけど、まんまブレードランナーなコロニーのビジュアルがかっこいいのと、ヨーロッパにある富裕層と真反対にあるコロニーを地球のコアを通って繋ぐフォールという乗り物のアイデア、スケール感が素晴らしく、最終的に不満は残りませんでした。
光るタトゥーやロボット兵士、挙げたらキリがないSF映画としてのディティールにときめく。
アクションシーンが続くけど工夫が凝らしてあって、ダレることなく魅せてくれます。

ケイト・ベッキンセール演じる鬼嫁は、旧作よりもしぶとく凶暴。
ジェシカ・ピールは一見ケイトよりおしとやかな役に見えるけど、ケイトの一言にブチ切れて「あの女、殺す!」とか、いいよねー

シュワちゃんのや、『ブレード・ランナー』もまた観たくなりました。

|

« ムカデ人間2 | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
リメイク版面白かったんですね。
まだ見に行けてないんですけど、予告を見てぜひ見たいと思ってる作品です。
オリジナルは大迫力の傑作でしたけど、今回も好きな役者さんが多いので楽しみにしてます。
予告を見た限りではだいぶスタイリッシュな感じになってましたね。CG技術の向上というところでしょうか。

投稿: ユーリ | 2012年8月20日 (月) 21時11分

ユーリ様

コメントありがとうございます。

期待半分くらいで観に行きましたが、おもしろかったです!
オリジナルは当時劇場で観て、シュワちゃんファンでしたし大好きな作品ですが
そちらとはまた違う魅力があってよかったですよー
オリジナルへのオマージュも嬉しかったですshine

投稿: kenko | 2012年8月21日 (火) 23時47分

そう!
火星に行かないの!
目玉も飛び出さないし鼻から発信機も出ないし、それっぽいオバサンは出てくるけど中からコリンは出てこないし、一般人が巻き添えでボロ雑巾みたいになって死にもしない。
ただまぁ前作やディック原作ってのを除けば、SFアクションとして楽しめる一本にはなってましたねぇ。
この監督恒例の嫁自慢もたっぷりありましたし。

投稿: たお | 2012年8月26日 (日) 08時22分

たお様

ね!火星行かないんだもんね〜
始まってだいぶ経ってから気付きましたsweat02
あ、あとミュータントのタクシードライバーいなかったのも残念だったなぁー
てかそもそも、ミュータント自体がいないんだもんね・・・

つい昔のと比べてあれこれ言ってしまうけど、これはこれでよかったです。
こういうブレードランナーぽいSF風景ってやっぱり好きで、わくわくします。
嫁自慢にも楽しませてもらいました!

投稿: kenko | 2012年8月27日 (月) 16時18分

ずいぶん久しぶりにお邪魔します。ご無沙汰しててごめんなさい
この映画、まあまあ面白かったと思うんだけど、公開時期が悪かったね~ なんせアベンジャーズにDKR、プロメテウスと話題作にぶつかりまくっちゃったから注目度も低かったような。あ、あと『海猿』もw

旧作は普通に楽しめたという感じであんまり覚えてなく。覚えているのといえば空港での変装解除と酸素欠乏でメン玉むくシーン、あと例によって三つおっぱい…
今回ツイッターでもみんな三つおっぱいに期待・反応しててすごいと思いました。やっぱりバーホーベンは偉大なのかも

他の記事にもおいおいうかがいます・・・

投稿: SGA屋伍一 | 2012年9月 7日 (金) 21時02分

SGA屋伍一様

いやいや、こちらこそご無沙汰しております。
しばらく更新していなくて、最近またやり始めたからSGAさんのところへも
お邪魔しようと思いながらもお邪魔せずでsweat02すみません・・・
あげくお返事も遅くてごめんなさい。

アベ、DKR、プロメテウス、海猿の中では分が悪かったのかなあ、やっぱりsweat02
シュワちゃんのはシュワファンだった当時劇場で観て、テレビでも何度も観たやつだから
私にしては珍しくけっこう覚えてました。
でもあんまり覚えてなかったとしても、目ん玉とかおっぱいとか忘れられないシーン満載の映画ですよね。
みんなの期待通りに3つおっぱい出してきてくれた監督、分かってるぅ!good

他の記事にはこちらから伺います!たぶん。。。

投稿: kenko | 2012年9月12日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/46762588

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・リコール:

» トータル・リコール (Total Recall) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私も子供の頃のとある出来事を“記憶”してるんですが、…... [続きを読む]

受信: 2012年8月26日 (日) 08時23分

» トータル・リコール [風に吹かれて]
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作 [続きを読む]

受信: 2012年8月28日 (火) 10時02分

» トータル・リコール [ここなつ映画レビュー]
安心して鑑賞できる作品。というと、語弊があるかもしれないけれど、SFの構成がきちんとしていて、こういう作品にしては珍しく論理の破綻がない。近未来都市の都市構造も映像もリアルだし、描写にはダイナミズムがある。それも、ある種の暗い、影のあるダイナミズム。その描写が妙に美しい。「ブラック・レイン」のような作品に共通して感じる、退廃的な美しさ。 ちょっと褒め過ぎかな?ま、コリン・ファレルに免じて許して下さい。コリン・ファレルも、やさグレた底辺階級風のテイストがそのまんまよく似合っていてイイ感じ。 ... [続きを読む]

受信: 2012年8月31日 (金) 20時04分

» ヴァーチャル鬼嫁日記 レン・ワイズマン 『トータル・リコール』 [SGA屋物語紹介所]
サイバーパンク、P・K・ディック好きなら誰でも知ってるあの映画が、なぜか今頃にな [続きを読む]

受信: 2012年9月 7日 (金) 21時04分

» 映画『トータル・リコール』を観て [kintyres Diary 新館]
12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿) TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン・ファレ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月31日 (月) 09時13分

« ムカデ人間2 | トップページ | おおかみこどもの雨と雪 »