« 2013年2月に観た映画 | トップページ | ウルヴァリン:SAMURAI »

2013年3月に観た映画

Wreckit_ralph

エス!ユー!ジーエーアール!ジャンピントゥーヤーなんちゃらかんちゃら
シューガラッシュ!シューガラッシュ!

ムーンライズ・キングダム

立て続けに公開されたブルース・ウィリス出演映画の中でいちばんよかった。(ってGIジョー観てないし 汗)
ウェス・アンダーソン作品の熱心なファンというわけではありませんが、前作の『ファンタスティックMr.FOX』がとてもよかったので楽しみにしておりました。
今回も画面のすみずみまで好きすぎる映画。コガネムシのピアス!
ほのぼのしてておしゃれでかわいいだけじゃなく、子供の駆け落ちを上から目線で笑うなんてのはもちろんないけど毒気のあるおかしみ、最後はしんみり切なくて、けっこう考えたりも。
どうでもいいけどネコ好きとしては、駆け落ちに同行させられたコネコたんのことが少し心配だったりもしました。
ワンコの扱いはかわいそうすぎました。


クラウド・アトラス

ウォシャウスキー姉弟の新作。
予告篇観たときから思ったとおり『火の鳥』みたいな話。または『ぼくの地球を守って』
輪廻転生は仏教国では慣れ親しんだ概念。
バイオリンが時代を越えてさまざまな人の手に渡り運命的なドラマを紡ぐ『レッド・バイオリン』もちょっと連想しました。

6つの時代を6名の役者が演じ、各時代の主人公といえる人物にはほうき星の形の痣がある。
それは愛や自由や真実のためにたたかう者の証でもあった。
いくつもの時代が同時進行で語られて混乱するかと思いきや、意外にも分かりやすく観られたし、役者さんが違和感ありまくりの特殊メイクで完全に別人に化けているのを見てるだけでもけっこう楽しかったです。
ひとりが何役も演じるというのは演劇的でもあるね。


愛、アムール

『白いリボン』に続きカンヌでパルムドールを受賞したハネケ作品。
これまでのハネケに比べるとトラウマ度は低いと感じましたが、やはり衝撃的な作品でした。
日に日に悪くなっていく妻を夫が介護する、そのあまりにも残酷で辛い現実のありさまをハネケらしく過剰な演出などなくひたすら映し出すのだけど、淡々としているのにとてもスリリング。
誰もが直面する老い。気高く知的で美しかった妻であっても。
人としての尊厳を失いつつある、でもまだ失ってはいない、だからこそ辛い。
夫がどういう決断をするかは分かっていつつもショックだったけれど、他人があれこれ言う隙など微塵もない、二人にしか分からない愛に満ちていたとも思います。
鳩のシーンが謎なんですけどね・・・ラストはとても好き。


ゼロ・ダーク・サーティ

『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督、アカデミー絡みの話題作だったんだけどあんま観る気がしなくて、でも観とかなきゃいけない映画っぽさも半端なかったので観ましたが、案の定寝てしまいました。
どうやら最近、シリアスで長丁場な映画を観る根気がないみたい。
へえーいまどきのリアルな拷問ってこんなんか・・・と興味深く観始めたものの、いかにしてある重要人物の居場所をつきとめ、そこにビンラディンも潜伏しているという確信に至ったかというあたりがごっそり抜け落ちてる。
あ、でもクライマックスでビンラディンをやっつけるとこはギンギンで観てました、ものすごくリアルで怖かったですね・・・ほんとうにその瞬間をカメラで撮ったのではと思うほど。
ジェシカ・チャスティンをこの映画で初めて観て、後から『キリング・フィールズ 疾走地帯』『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』などを観ましたが、『ヘルプ〜』の役柄が『ゼロダーク〜』と違いすぎてて、観てるあいだ同じ人だとは全く気付かないほどでした。


カリフォルニア・ドールズ

年内で閉館することが決定してしまった地元の映画館「シネツイン新天地」が最近名画座化してまして、名作映画を次々かけてくれています。ありがたや。
閉館は本当に残念(;д;)
実は観るの初めてで、特に女子プロレスに興味があるわけでもないし、ピーター・フォークいいなーとは思っても、途中まではそんなにおもしろく観てはいなかった。
しかし最後はほんとにプロレス観戦しているみたいな盛り上がりで、わー!!となりました。
キラキラ衣装のドールズはまさしく女神!うつくしかったです。


シュガー・ラッシュ

評判いいので観てみたら傑作!もう大好きですこれ。Blu-ray買ったし。
ジョン・ラセターがプロデューサーなだけあって、トイ・ストーリーのゲーム版みたいな話。
ストリートファイターやマリオ、ソニック、パックマン、カメオ出演をあげたらキリがないほど、ゲーム会社の垣根を超えたゲームキャラが多数出演していて超たのしい。
悪役キャラのグループセラピーでまず笑い、ピコピコ8ビットの世界が3Dになるという感動!
3Dでもちゃんと8ビットのカクカクした動きをするキャラ超かわいいし!
フレッシュで画期的なアイデアがこれでもかと詰まっている上、脚本がとにかく素晴らしいです。
子供にはこういうの観てほしいと、甥姪といっしょにポケ◯ン映画観に行って心底思った。
あらゆる方向での作り込みにはほんとうに感心します。
最後もディズニープリンセスストーリー的なオチでなるほど正しい!と。
しかしBlu-rayで字幕版観てみて、ヴァネロペちゃんの吹き替えは断然日本語がいいね。
残念ながら英語ではかわいさ半減。諸星すみれちゃん、まだ14歳と知り驚愕!

|

« 2013年2月に観た映画 | トップページ | ウルヴァリン:SAMURAI »

映画」カテゴリの記事

コメント

うおおおブログ復活している!教えてくださいよ~w

そういえば好き度5のシュガーラッシュ私もDVDまだ買ってないや・・・!
今からアマゾンで押してきますね。ターボタスティック!w

投稿: ゴーダイ | 2013年9月10日 (火) 16時00分

あ、好き度4だったwでも買います(^_^;)
ジャンピントゥーヤーなんちゃらかんちゃら
シューガラッシュ!シューガラッシュ!(誤魔化す)

投稿: ゴーダイ | 2013年9月10日 (火) 16時02分

ゴーダイ様

ひっそりと復活してみました〜また止まってますが(^-^;
シュガー・ラッシュはトイ・ストーリーより好きかもしれないくらい好きです!
ゴーダイさんはキャンディ大王がお気に入りですよね。
キャンディ大王がまさかあいつだったとは全く思わなくて驚かされました!
ちゃんと歌えませんがAKBの曲もかなり好き〜シューガラッシュ♪

投稿: kenko | 2013年9月12日 (木) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/53146713

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年3月に観た映画:

» シュガー・ラッシュ [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆ Turbo-tastic!☆☆☆☆☆」  そろそろ専門じゃないことに挑戦したほうがいいんじゃない?  テレビゲーム版トイ・ストーリーと謳われるディズ [続きを読む]

受信: 2013年9月10日 (火) 16時01分

« 2013年2月に観た映画 | トップページ | ウルヴァリン:SAMURAI »