« ウルヴァリン:SAMURAI | トップページ | 悪の法則 »

マン・オブ・スティール

Manofsteel

ザック・スナイダー&クリストファー・ノーランによる『スーパーマン』リブート。
ざっくんの作品は大好きなんですよ、『300』とか『ウォッチメン』とか、『エンジェル・ウォーズ』とか!
ノーランもまあ。ライジングでは文句を言いましたけども。
絶賛だったりそうじゃなかったり分かれているみたいですが、私はどちらかと言えば後者。

マン・オブ・スティール 公式サイト

観る前からなんとなく冷めた気持ちだったんだけど、観てる間も熱い気持ちにはなれなかった。
そりゃ映像はすごいんです、ものすごくお金がかかってて。
あんな作り込まれたクリプトン星はじめて見たし。(そりゃそうだ)
流動的なメタルを使ったテクノロジーの見た目はおもしろいし、水中で赤ちゃん育ててたり、翼が四枚あるドラゴンみたいな生き物に乗ったり。
なんの映画観にきたんだっけ?と戸惑うほど。まったくスーパーマンぽくない。
てゆーかその、スーパーマンぽい、ぽくないっていうのは、やっぱりクリストファー・リーヴのスーパーマンからきてるわけだけど、リブートなんだから頭切り替えて!とどれだけ自分に言い聞かせても、やはりそう簡単には切り替えられないんですね。困ったことに。
結局最後まで、「これじゃない感」を拭い去ることはできなかったのでした。
ブライアン・シンガー監督、ブランドン・ラウス主演のリターンズの方が好きだったよー

今回のクラーク・ケント役ヘンリー・カヴィルも、そりゃもうかっこいいんです。
顎の割れたイケメンだし、見事すぎる肉体美には目を奪われましたわよ。
でもなぜか、それ以上でもそれ以下でもなかった(;д;)
ときめかなかった・・・あんまり・・・なんでだろ。
少年時代役の子の方がよかったなー。
川に落ちたバスを持ち上げるシーンが、個人的に今回のスーパーマンのハイライトだった気がする。
ロイス役のエイミー・アダムスは好きな女優さんですが、彼女の魅力がちっとも出てなかったとも思うんです。
クラークのこと好きになっちゃうのも、そりゃあれほどのイケメンだしスーパーマンだし、女性なら誰しもぽーっとなっちゃうでしょうが、にしてもバカみたいに見えた。
スーパーマンとロイスのロマンティックな恋模様がほぼないなんて・・・と、ついまた比べてしまう。

ほとんどの人が連想すると思われる、ドラゴンボールみたいな空中高速アクションシーンで、ザック・スナイダーだしやっぱりこれはドラゴンボールってことでいいのかね!!と喜んでもよさそうなところですが特に嬉しくもならず。
宇宙人のもめごとであれだけ街を破壊し尽くされて、はたして「彼は我々を救ってくれた!」となるかね。
都会のど真ん中で、高層ビルをいくつも倒しながらの派手なアクションってハリウッド映画でよく観るけれど(トランスフォーマーとか)、そうしたシーンにおいて巻き込まれて亡くなっているであろう多くの人のことは、基本ほとんど気にならないような作りになっています。
観せたいのも観たいのもそっちじゃないからいいんだけど、今回はやたらそのことが気になってしまいました。
やっぱスーパーマンだからか。スーパーマンには、ひとりの命も逃さず救ってほしい。
だってスーパーマンだよ!
劇中ではもったいぶって「スーパーマン」という呼び名をなかなか出さないのですが、どんなにかっこつけたってスーパーマンはスーパーマンでしょうよ。
だから最後ゾット将軍の首をグキッとやったとき、ずいぶん落ち込んでる風だったけど、その前にも多くの命が失われてますよと言いたくなってしまう。

あれ、気がついたら長々と文句言ってた・・・
スーパーマンのふたりのお父さん、ラッセル・クロウとケビン・コスナーはよかったです。
特にラッセル・クロウパパ幽霊の登場の仕方が、なんか笑ってしまった。
スティック状で断面に例のマークが書いてある黒いやつをクリプトン製の装置に差し込むと出てくるんだけど、いつのまにか背後に立ってたりするのね。
で、終盤なんか展開が早くて、いったい今パパはどこに現れてるのかよく分からなかったりしました。
ケビン・コスナーパパがまたものすごくいいパパで、彼の正しい導きがなかったら、クラークはいったいどうなっていたことか。

そして最後の最後にメガネキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
メガネ装着でようやくスーパーマン。なるほど!

|

« ウルヴァリン:SAMURAI | トップページ | 悪の法則 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~私もこの前見たんですが、確かにけんこさんの言うとおり、あれじゃたくさん死んじゃってるよなあって思いましたw

スーパーマンと言えば、ポール・ディニ、アレックス・ロスの『DCスーパーヒーローズ』っていう本があるんですけど、それでスーパーマンが世界の飢えた人たちに食料を運ぶ話があるんですよ。
ネタバレになるんで結末は差し控えますが、すごい泣いちゃってw強いものと戦うんじゃなくて弱いものを救うヒーロー。おすすめです!

クラークとロイスはなんかあっけなく知り合っちゃってましたよねw絶対エイミーアダムス、新入社員がスーパーマンだって気づいているだろうしwいくらメガネかけてもあいつは目立ちますよw

投稿: ゴーダイ | 2013年9月15日 (日) 20時42分

ゴーダイ様

何ヶ月もコメントのお返しを放置してしまい、ごめんなさい・・・!
マンオブスティールは今思い返してみても、かなりイマイチな映画でした・・・

最近はマンガをおそろしいほど読んでいなくて、
薦められてるのや自分で読みたいと思ってるのや
すべてメモするばかりでぜんぜん読んでません。。。
DCスーパーヒーローズもメモっておきます。
いつかまとめて、お金に糸目をつけずAmazonでポチろうと思います!!

昔のスーパーマンはロイスがクラークにぜんぜん気付かないんだけど、
今回のは最初から「私だけは知ってるわよ〜」という感じでしたね!

投稿: kenko | 2014年1月26日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/53259069

この記事へのトラックバック一覧です: マン・オブ・スティール:

» 超人として生きる道 [笑う社会人の生活]
2日のことですが、映画「マン・オブ・スティール」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて あのスーパーマン誕生の物語といえ 「バットマン ビギンズ」のスーパーマン版といえば わかりやすいか まさに 新たなスーパーマン物語といえて リアルにスーパーマンが現実にいたら、とい...... [続きを読む]

受信: 2013年9月22日 (日) 02時43分

» 映画「マン・オブ・スティール」闘いのシーンがスーパー眩しくてよく分からない [soramove]
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ザック・スナイダー監督、 143分、2013年8月30日より全国公開 2013,アメリカ、カナダ,ワーナー・ブラザース (原題/原作:MAN OF STEEL ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが... [続きを読む]

受信: 2013年10月 1日 (火) 07時33分

« ウルヴァリン:SAMURAI | トップページ | 悪の法則 »