« 2013年3月に観た映画 | トップページ | マン・オブ・スティール »

ウルヴァリン:SAMURAI

Thewolverine

日本人でよかった、ウルヴァリンさんが大好きでよかったー!!
珍妙な日本文化にふれて戸惑う姿に萌え狂い!!

ウルヴァリン:SAMURAI 公式サイト

ウルヴァリン関連の作品はまず、ブライアン・シンガー監督作に始まるX-MENシリーズ三部作があって、次にウルヴァリンスピンオフ第一弾の『ウルヴァリン X-MEN ZERO』、それからマシュー・ボーン監督のリブート版でX-MENビギンズ『ファースト・ジェネレーション』とあり、それぞれ描かれる時代が違ったりするので、あれ?今回のは時系列的にはどこからの続きだっけ?と最初ちょっぴり戸惑いましたが、ジーンが出てきた時点で、ああ三部作の後かーと分かりました(遅)
てかジーンの顔、修正されすぎてて怖い・・・
アジアンビューティーなヒロイン・マリコの地味だけど透明感ある美しさを惹き立てちゃってたね・・・
あー言っちゃった・・・

今回のは、地元に近い広島県福山市の鞆の浦というところでロケされてたりして、ミーハーなわたくしヒュー様にひとめお会いしたくてロケ現場に駆けつけたりしたのもいい思い出!
ウルヴァリンの姿のヒュー様と握手したんだからー!ひゃー
鞆の浦という極めてローカルな場所にアメコミヒーローが佇んでいる光景というのは、それはもう現実とは思えない奇妙なものでしたが、映画本編も期待を裏切らないあんな日本、こんな日本、日本人の誰も知らない日本!がたくさん出てきて、そこでお馴染みのウルヴァリンさんがいつものように戦ったり苦悩したり、なにこれどっからつっこめばいいの?!ねえどっから?!と心の中で絶叫しっぱなしでした。
結論から言えば、鋼の男の百倍おもしろかったです。

もうね、かわいいの!ウルヴァリン!もといクズリ!
クズリというと『ぼのぼの』のウンコたれクズリくん思い出すんだけど。
何度も泣き笑いましたけども、いちばんは矢志田家で着物姿のおばちゃんにお背中流されてるとこかなあー
ラブホテルで火星探検も最高すぎました、あの受付のおばちゃん(笑)
ヤクザに外人!外人!言われたり、ご飯にお箸立ててマリコに怒られたり。
新幹線の上でのバトルも爆笑!
列車の上で戦うってアクション映画でよくあるけれど、今回の新幹線バトルは相当フレッシュでしたわよ。
てかウルヴァリンとほぼ互角に戦うヤクザ強すぎだよ?

とまあ随所で笑いが止まらなかったんですけども、冒頭の長崎にて日本人(矢志田様)をウルヴァリンが救うシーンなんて、それはもう胸熱だったんですよ。
いわば敵同士。だけどこんな友情あってもいいじゃない!
なので最後魔界城にて、矢志田様の裏切りには日本人としてなんだか申し訳ない気持ちになりました。
どうして、矢志田様(;д;)
でも最初ウルヴァリンに渡そうとした例の刀にも、よく見ると不老不死とか書いてあったしね。
最終的に不死を望む悪役というのも一周回ってこれまた新鮮とも言える。言えない?
てかウルヴァリンVSヤクザ、VSニンジャ、VS・・・ってどんだけ〜!!
しゃべると残念なニンジャの人はちとかわいそうでした。

ファニーフェイスなユキオもよかったです、日本語がちゃんとしてて好感持てました。
変わった喪服着てると思ったら、アクションシーンに備えてかよ!次回作出るのかなー
ヴァイパーは脱皮のシーンで先日読んだばかりの『ブラックホール』を思い出しました。
もちろん真田様も、戦国武将みたいなセリフがキマってたよ!

そしてエンドロールにて、これまた期待を裏切らない、あの方のお姿が拝見できただけでもう胸いっぱい。
やっぱりプロフェッサーはマカヴォイよりピカードだー!!

|

« 2013年3月に観た映画 | トップページ | マン・オブ・スティール »

映画」カテゴリの記事

コメント

うお、本当に書いてたw
私も同じ日に見たんですけど、やっぱあんま母性本能とかがないから、後ろ向きなスーパーヒーローはもういいかなあってw(アイアンマン3で見た)
でもウルちゃんに握手されたら、私も「きゃ~」ってなって親衛隊に入隊していたかもw
これってやっぱり『007は二度死ぬ』ですよね。勘違いしている日本を楽しむ映画!

投稿: ゴーダイ | 2013年9月14日 (土) 09時27分

ゴーダイ様

ほんとに書きました(笑)

私も後ろ向きな悩めるヒーローよりアイアンマン1作目やアヴェンジャーズのような
スカッとするヒーロー像の方が最近は好きですが、
これはほとんどコメディとして観たので、そのへんは全く気になりませんでした。
あんまりかっこつけてやられるともうゲンナリするんですけどね。
ウルヴァリンに握手されたら、キャー!!ってなるよ!絶対(◎´∀`)ノ

で、007は二度死ぬ、は観てないんですが、ほんと今どき珍しいくらいの
勘違い日本描写がすごく楽しかったです!

投稿: kenko | 2013年9月14日 (土) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/53251460

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴァリン:SAMURAI:

» ウルヴァリン: SAMURAI [HEAVEN INSITE's Blog]
 「面白い度☆☆ 好き度☆☆☆」  やがて生きがいがなくなり浪人になる。浪人とは主君を失った侍だ。     真っ先に感じたのが、こんなのジェームズ・ボンドの映画でもあったよ [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 09時24分

» ウルヴァリン:SAMURAI : あれ?福山駅だ!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は、「許されざる者」と本日紹介する本作の2本を観ました。正直言って、「許されざる者」が凄すぎたので、本作は今一つに感じました。それでも、それなりに面白かったですけ [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 19時06分

» 映画「ウルヴァリン:SAMURAI」新幹線での闘いは驚いた! [soramove]
映画「ウルヴァリン:SAMURAI」★★★★ ヒュー・ジャックマン、真田広之 TAO、福島リラ、ファムケ・ヤンセン ウィル・ユン・リー、スヴェトラーナ・コドチェンコワ ハル・ヤマノウチ、ブライアン・ティー、山村憲之介出演 ジェームズ・マンゴールド監督、 125分、2013年9月13日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:THE WOLVERLINE) 人気ブ... [続きを読む]

受信: 2013年9月20日 (金) 07時35分

» 『ウルヴァリン:SAMURAI』 牛丼の看板との共通点は? [映画のブログ]
 2013年公開の『ウルヴァリン:SAMURAI』は2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』の続編だと思っていたが、意外や『X-MEN』三部作の後日談だった。  映画を作中の時系列で並べれば次のようになる。  『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』 2011年公開  『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』 2009年公開  『X-メン』 2000年公開  『...... [続きを読む]

受信: 2013年10月 4日 (金) 02時19分

» 映画レビュー 25 [ウルヴァリン: SAMURAI] [MUGEN チェスト]
映画レビュー第 24 回は [ウルヴァリン: SAMURAI] です。何と、X- メンの映画シリーズはもう 6 作目のようです。ずっと気にはなっていたのですが、今回が初めての X- メンになります。「ストーリーをまったく知らなくても大丈夫かなぁ (汗)」なんて思っていましたが、何の問題もなく入り込むことができました。1 作目から見ていないと訳が分からないよ、なんて言われても厳しいですからね……。一応 X- メンの格闘ゲームは、当時かなりやり込んだ方なので、ある程度のキャラクターは知ってましたけど。(... [続きを読む]

受信: 2013年10月 9日 (水) 00時57分

« 2013年3月に観た映画 | トップページ | マン・オブ・スティール »