« 2013年劇場公開映画ベスト | トップページ

2014年劇場公開映画ベスト

完全に一年に一回更新となってしまいました。てか更新するんだ。
自分でもびっくり、kenkoです。
いただいたコメントを一年も放置・・・本当にごめんなさい。
ベストムービーだけはやっておこうかと、重すぎる腰を上げてみました。
この一年で何か変化があったかと言えば特になく、あいかわらず映画を観たり海外ドラマを観たりして過ごしています。
もうすぐ14歳になる、ラムも元気です。

昨年劇場鑑賞した新作映画は105本。(リバイバル上映の作品および、複数回観た作品のぞく)
これまで大体70本くらいだったのがずいぶん増えました。
昨年のベスト記事に、「せめて100本くらいは観たい」と書いていて、なにげに目標達成。
これまで以上に暇だったのか私。
で、鑑賞数が増えたせいか、良かった映画もたくさんあって、なかなかしぼりきれなくてですね、ベスト10作品でなく12作品挙げてしまうことに。半端ですけど(汗)

映画ベスト9回目。。。
では、行きます。

12位
Sakuko3

ほとりの朔子
(監督:深田晃司 主演:二階堂ふみ 日本アメリカ合作)

ほんわかしてるようで、とんでもなくスリリング。
一見おだやかな人間関係の刺がじわじわささる。
まるで絵画のように美しい、朔子がそこにいるだけの光景はあまりにも映画的。
二階堂ふみ主演映画では『私の男』よりこちらが好き。


11位
What_maisie_knew6

メイジーの瞳
(監督:スコット・マクギー/デヴィッド・シーゲル 主演:オナタ・アプリール アメリカ)

メイジーちゃんにノックアウトなのであります。
ただでさえ鬼かわいいすぎるのに、衣装の人が猫耳や布の王冠かぶせたり、チャイナ風ジャケットなどいちいちおしゃれかわいいカッコさせて攻めてくるよ!衣装の人の気持ち分かるよ!
メイジーちゃんを泣かせるのは許せないけど、身勝手な親だって我が子を愛してることは間違いなく、メイジーちゃんにとっても親は親。
リンカーンとマーゴのこれから、メイジーちゃんがどんな女性に育つかを思う。


10位
A_most_wanted_man2

誰よりも狙われた男
(監督:アントン・コルベイン 主演:フィリップ・シーモア・ホフマン イギリス)

昨年2月に亡くなった、シーモアホフマンの最後の主演作。(出演作としてはまだ『ハンガーゲーム3』がある)
観る直前ジョン・ル・カレ原作と知り、ややこしかったらどうしようと慌てたけど、『裏切りのサーカス』に比べるとかなりすっきり分かりやすかった。
シーモアホフマンの最後のセリフ(というか雄叫び)と、ラストカットがもう。
エンドクレジットで込み上げました。
この世の理不尽を知り尽くしながらもぎりぎりのところで正義を貫こうとした主人公の背中と、この世を去ってしまったホフマン自身が完全に重なってですね。
ああ、見切りをつけられてしまったのかなと。彼は行ってしまった。
もっと観たかった。本当に残念です。


9位
Rurouni_kenshin2

るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編
(監督:大友啓史 主演:佐藤健 日本)

前後編合わせてのランクインとさせていただきます。
マンガもアニメも読んでも観てもいないし、るろ剣に何の思い入れもない私ですが、アクションに燃えた!
原作知らなくても、さぞかし原作のキャラを完璧に演じているであろうことがひしひしと伝わってくる役者さんたちの素晴らしさ。
『京都大火編』では特に、刺客のヤンキー侍を演じた三浦涼介くんと、翁を演じた田中泯さんが素敵すぎました。
お話はいくらでもツッコミどころあるけど、アクションですべて吹き飛ぶ。
佐藤健くんはじめ、もともと身体能力高いにしても、観てるこっちが息するのを忘れるほどの気迫。
どうなってんのほんと。
アクション監督谷垣健治氏の外連に満ちた燃えるアクションを、日本の役者さんがここまで見せてくれるとは。


8位
Only_god_forgives2

オンリー・ゴッド
(監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 主演:ライアン・ゴズリング フランス・デンマーク合作)

『ドライヴ』より『ヴァルハラ・ライジング』寄りのレフン監督作品。
何が何やら分からんまま、いろいろ意味深な感じでリンチっぽく進むので不安になりますが、じわじわ分かってきます。
喧嘩がめっぽう強い、タイ人のおっさんこそ神。
神は子供を犠牲にする親を許さない。
けど、ジャッジの前にちゃんと話は聞くので、実はそこまで無慈悲でもない。
ジャッジした後はカラオケでレクイエムを歌ってくれる。これがけっこう上手い。
ギャグすれすれの寓話ですが、映像、音楽含め絶妙なバランスで癖になる。
なんせおっさんのキャラが最高。


7位
The_lego_movie1_2

LEGO(R)ムービー
(監督:フィル・ロード/クリストファー・ミラー 主演:クリス・プラット アメリカ)

子供の頃レゴで遊んだかといえば遊んでないし、レゴを映画化と聞いても全くピンとこず完全スルーの予定でしたが、評判高くて観てみてびっくり、傑作。
ストップモーション風に表現したCGアニメーションの完璧さにまず感動。
レゴの世界では水も炎もすべてレゴ!
ヒロインの髪がヅラのように揺れるのとか最高だし、レゴをアニメーションにするってこういうことかといちいち感心しました。
レゴだからできた豪華キャラクター夢の共演は超たのしいし、目まぐるしいギャグの合間に予感させる現実世界との繋がり、その落としどころにも唸った。


6位
Pale_moon2

紙の月
(監督:吉田大八 主演:宮沢りえ 日本)

女が一線越えて向こう側へ行ってしまう話が大好きで、桐島よりもハマりました。
それも私達世代には特別な存在と言っていい宮沢りえ主演。
最初、主人公梨花が大学生の光太と不倫の関係に陥る、そのきっかけが弱いような気がしながら観てたんだけど、観てるうちそうじゃないと分かった。
明確な理由なんてない。だからこそ辛い。
梨花は家でも会社でも得意先でも、長い時間をかけて、なんなら少女の頃から、じわじわと追い詰められていたんだなと。
たとえば田辺誠一演じる夫が浮気したり暴力振るったり、分かりやすく最低なら胸を張ってお別れできるけども、そうじゃないから質が悪いです。
ほんとあの夫最低なんだけど他人には伝わりにくい最低なんだよな。
自由になるきっかけはたぶん光太でなくてもよかった。
横領が発覚したとき、ジタバタはするけど全く後悔していない梨花がかっこいい。
彼女にはもう社会のルールなんて関係ないし、進む先に迷いもない。
女優陣が素晴らしく、特にクライマックスにおける小林聡美さんは圧巻でした。


5位
Maps_to_the_stars3

マップ・トゥ・ザ・スターズ
(監督:デヴィッド・クローネンバーグ 主演:ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ
カナダ・アメリカ・ドイツ・フランス合作)

ハリウッドという地獄の住人であるセレブリティ達の鬼畜っぷりたるや。
餌食となる子供たちが自由になるには、それこそお星様になるより道はない。
ミア・ワシコウスカ演じるアガサが本当はどういう子で何がしたいのか分かりにくいんだけど、ただ愛する弟を救いたかったんだなと、最後に腑に落ちました。
その方法はあまりに悲しいけれど、地獄から抜け出すにはそれしかないから。
劇中のある死に関して、あまりに都合良く唐突でほんと怖い。
でもジュリアン・ムーアの喜びの舞いは、最低で最高なのです。
ハリウッドデビュー作でハリウッドをこんなにもグロテスクに描く、クローネンバーグ71歳恐るべし。


4位
Nebraska2

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
(監督:アレクサンダー・ペイン 主演:ブルース・ダーン アメリカ)

線路での入れ歯のやりとり爆笑。下ネタおかん、DQNな従兄弟最高。
しかし笑ってばかりもいられず、突きつけられる現実はあまりに辛く惨めで泣けてくる。
廃墟となった生家を訪れたウディの瞳に映るもの。出会う人々から伝え聞く息子の知らない父の人生。
『アバウト・シュミット』を観たとき、ジャック・ニコルソンがまるで父みたいと思ったけれど、時が経ちブルース・ダーンに近付いております。


3位
Inside_llewyn_davis

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
(監督:ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン 主演:オスカー・アイザック アメリカ)

茶トラネコちゃんがさりげなくとんでもない名演をしててネコファン必見。
可笑しくて情けなくて、いつか何処かで野垂れ死ぬかもしれない男の歌が脳髄に沁みました。
役者さん全員すばらしいんだけど、特にギャレット・ヘドランドがお気に入り。
最後はふりだしに戻る的な、実は終わりのない地獄巡りみたいな感触の終わり方も好きでした。


2位
The_equalizer3

イコライザー
(監督:アンワーン・フークア 主演:デンゼル・ワシントン アメリカ)

↑この爆発シーンで80年代日曜洋画劇場風のタイトルがバーン!と出る予告編からしてたまらんものがありましたが期待以上!
デンゼル超絶かっこよすぎて泣けたし、あまりの強さに観てるあいだニヤニヤ笑いが止まりませんでした。
観た後は確実に、ホームセンターへ行ってイコライザーごっこしたくなる。
トム・クルーズの『アウトロー』っぽいけど、主人公ロバート・マッコールのある意味イカレっぷりは2011年のMyベストムービー『スーパー!』を連想したりもして、いろいろ最高でした。
今いちばんDVD等の発売が待ち遠しい作品。早くまたロバートに会いたい!


そして1位はー!
Guardians_of_the_galaxy

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
(監督:ジェームズ・ガン 主演:クリス・プラット アメリカ)

ウガチャカ!Oh!Yeah!
実は『イコライザー』とどちらを1位にするかけっこう悩みましたが、冒頭の惑星モルグで謎の生物をマイクに見立ててノリノリのピーター・クイルからのタイトルドーン!の際の高揚感および多幸感を思い出すと、やはりこれしかないなと。
てかもう、ロケット(アライグマ)&グルート(木)をはじめ、登場キャラ全員大好きですしね。音楽最高だし。
シリアスっぽくなりそうなところでうまく外すセンスも絶妙でした。(ガモーラを助けた後のシーンとか)

ポスターいろいろ

Guardians_of_the_galaxy1Guardians_of_the_galaxy3Guardians_of_the_galaxy2

あと、ジェームズ・ガンとファンの動画。素敵すぎるので貼っておく。

以上、クリス・プラット主演作が2本、ジュリアン・ムーア出演作も2本。
珍しくアニメが1本というベストになりました。

以下、今日はランク外だけど、明日以降ベストと入れ替わる可能性ありのお気に入りムービーたちを挙げておきます。

キリング・ゲーム
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
鑑定士と顔のない依頼人
ビフォア・ミッドナイト
スノーピアサー
キラーズ
武器人間
ローン・サバイバー
あなたを抱きしめる日まで
アデル、ブルーは熱い色
LIFE!
そこのみにて光輝く
オール・イズ・ロスト
チョコレートドーナツ
次元大介の墓標
猿の惑星:新世紀
ある優しき殺人者の記録
ミニスキュル
100歳の華麗なる冒険
西遊記〜はじまりのはじまり〜
シンプルシモン
トム・アット・ザ・ファーム

多すぎでしょ(汗)

今年も素敵な作品にたくさん出会えますように!

|

« 2013年劇場公開映画ベスト | トップページ

映画」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。

昨年は私なんだかんだと慌ただしくてあまり映画見られなかったんですよ…。
今回のベスト12で見たのは何とガーディアン・オブ・ギャラクシーだけでした。
イコライザー絶対見たかったんですけど、時間が合わなくて。
シリーズもののホビットとマーベルの各シリーズだけはいろいろ話が繋がっているから見逃せない!と必死でした。
事前に情報チェックもほとんどしていなかったので、ロケットの声がブラッドリー・クーパーだって後から知ってびっくりです。
それにしても、ゾーイ・サルダナ、最近この手の役が多いような…好きですけどね。

投稿: ユーリ | 2015年1月26日 (月) 21時33分

おばんです~ そして一年ぶりの復帰おめでとうございます(^_^;
いやあ、kenkoさんのベストなかなか渋い。大人の洗練された映画ベストって感じです
わたし実は『オンリー・ゴッド』はDVDで観て「映画館で観なくてよかったー」と思ってしまいました(^_^; ちょっと誰かに解説してほしい
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』もDVDでの鑑賞でしたが、こちらは逆に映画館でひたりながら観たかったです。昨年の映画のベスト・ニャンコでした
年末のゴーンガール、インターステラー、ベイマックスなどはもう少し時間を置いてから評価をさだめたい、というところでしょうか
ではまたつぶやきともどもよろしくお願いします~

投稿: SGA屋伍一 | 2015年1月27日 (火) 22時12分

ご無沙汰でーす!
一年空いた記事に、二年ほったらかしの私めがコメントってのもどうかと思いますが、とりあえずあけましておめでとーございました!
因みにレビューを書いてないので触れてもいませんが、前年度の私的ベストはゴジラです。怪獣です。怪獣だからです。
では、本年度もよろしくお願いいたします~

投稿: たお | 2015年1月31日 (土) 09時30分

ユーリ様

おひさしぶりですー!
一年ぶりの更新なのにさっそくコメントをくださり、ありがとうございます(;д;)
昨年は忙しい日々を過ごしていらっしゃったんですね。
ガーギャラは、昨年観た中で唯一、複数回映画館に足を運んだ作品でした。
あんなかわいい(凶暴だけど)ロケットの声が長身イケメンのブラッドリー・クーパーだなんて
意外ですよね。
アイアムグルートしか言わないヴィン・ディーゼルも名演でした!
ゾーイ・サルダナ演じるガモーラがスターロードのヘッドホンで音楽聴くシーンはきゅんきゅん。

イコライザーはすぐに上映が終わっちゃったんじゃないかな。。
DVD等のレンタルおよび発売は来月ですので、ぜひ!

投稿: kenko | 2015年2月 2日 (月) 18時36分

SGA屋伍一様

わーい!コメントありがとうございます!

渋いかな〜大人の?洗練された?( ̄▽ ̄)
確かに前回前々回あたりの見ると、もうちょっとエンターテイメントな作品が並んでるのに
急にどうしちゃったんでしょう、我ながら。
もうすぐいよいよフォーティだからかなあ。

そうですか、オンリーゴッド。。
もしSGAさんが映画館でご覧になってたら、ワースト候補かな。。
ベストに入れておきながら解説できないんですが、おっさんの衝撃的なキャラが好きでした。
インサイドルーウィンデイヴィスのネコちゃんたまりませんよね〜
ほんといいネコちゃんでした!

ゴーンガール、インターステラー、ベイマックスはどれも面白かったんだけど
実はそこまでハマらなかったんですよね。ほんと時間経てば変わってくるかも。

今年もよろしくです!

投稿: kenko | 2015年2月 2日 (月) 18時55分

たお様

わー!たおさん!おひさしぶりですー!コメントくださり嬉しいです(;д;)
お元気でしたか?ネコちゃんたちも元気でしょうか。
更新してもしなくても1年や2年があっという間に過ぎてしまいます。。
観た映画の記録を残したい気持ちはあるんだけども。

たおさんのベストはゴジラかー!
実は私、ゴジラ観てなくて・・・
けっこう長い期間かかってたから、いつでも行けると思ってたら終わってました。
ゴジラこそ映画館で観るべきですよね、きっと。
再上映とかあったら行きたいです。

今年もよろしくお願いします!

投稿: kenko | 2015年2月 2日 (月) 19時02分

Great, thanks for sharing this blog.Thanks Again. Much obliged.

投稿: Preston | 2015年2月18日 (水) 01時18分

Hi, Neat place of duty. Near is a problem together with your web situate in internet explorer, would test this… IE nonetheless is the marketplace chief and a huge part of people will skip your enormous writing due to this problem.

投稿: Mack | 2015年2月18日 (水) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/108178/58550917

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年劇場公開映画ベスト:

» 2014年 この映画がアレだ! 幕内編 [SGA屋物語紹介所]
めいごたちが襲来しててんてこまいの中、逃げ隠れながらこの記事を書いてます… 今年 [続きを読む]

受信: 2015年1月27日 (火) 22時14分

« 2013年劇場公開映画ベスト | トップページ