自転車

山陰ツーリング②(鳥取砂丘)

境港から日本海沿いの国道を約2時間走り、鳥取市へ。

Tottriroad

この日は鳥取市内泊。
夜テキトーに入ったお店がとっても美味しかったdelicious

Osasimi 新鮮オサシミ盛りあわせ

Nodoguro のどぐろ香草焼き

Pasta 白魚と菜の花とアサリのペペロンチーノ

Osake なみなみ♪

翌日は、これまたずーっと前から行ってみたかった鳥取砂丘へ!

Dune1
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! tottori sand dune!!!!!

砂丘といえばラクダさん。

Rakuda11
ヒトコブラクダのエイキチ君に乗らせてもらいました♪
エイキチ君、いい表情。

Rakuda22
こちらはフタコブラクダのチェリーちゃん。
チェリーちゃんはツバをペッと吐くクセがあるらしく、お口にマスクをしています。
色白フカフカでかわいい♪

Dune2
砂はサラサラshine 裸足で歩くときもちいいです。
遠くの人がアリンコのよう。

Dune3
砂漠のオアシス・・・てゆーか水たまり?

Dune7
砂丘のむこうは日本海!何時間でもぼーっとしていられそう。

砂丘を心ゆくまで彷徨ったあと、海岸沿いを自転車で走るダンナを車で追う。

Touring
自転車じゃなくて車・・・すいません、ズルしました。ダメじゃん、私!

さらに南下しまして、岡山県津山市名物のB級グルメ・ホルモンうどんでしめ♪

Udon_2

また自転車のっけてどっか行きたいです。
しまなみ海道とかいいかもshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山陰ツーリング①(水木しげるロード)

ずいぶん前に「自転車はじめました!」みたいな記事を書いてから、かれこれ数ヶ月。
その後2度ほど走ってみたりはしたのだけどそれっきり・・・典型的な三日坊主ですsweat02

しかしこのたび!
わたくしの愛車イエローマーチちゃんに自転車用のキャリーを装着することになりまして!

March

このようなスタイルで、車で遠征&ツーリング♪ができるようになったのでーす♪

自宅スタートで何十キロも走るのは限界があるけど、これなら可能性が広がる。
ドライブした先でちょこっとツーリング♪できたら、楽しくないですか!

というわけでさっそく、1泊2日のプチツーリング旅行へしゅっぱぁーつ♪

最初の目的地は、鳥取県境港市。
前から行ってみたかった、水木しげるロード&水木しげる記念館へ。

いやー水木しげるロードって、想像以上の妖怪づくしで超たのしーshine

街灯は目玉だし、

Medama

妖怪神社だし、

Yokaijinja

妖怪列車(ねずみ男バージョン)も走っている。

Yokaidensha

そしていたるところに妖怪がいる。

Sakurakitaro
鬼太郎親子&桜(&カメラマン)

Nezumiotoko
ねずみ男もお花見cherryblossom

Nurikabe
ぬーりーかーべー

TenomePale_man
『パンズ・ラビリンス』のペイルマンに似ている手の目

Takekiridanuki
ダンナが「なんかかわいい」と言って撮影していた竹切狸
(竹を切る音を立てて人を化かす古狸だそうな)

Betobeto
『ゲゲゲの女房』第1話に出てきたべとべとさん
NHKの連続テレビ小説ってあんまりちゃんと観たことなかったけど『ゲゲゲの女房』は観てます!
星野源ちゃんや平岩紙さんも出てるし。

Kitaromizuki
4月4日に設置されたばかりの鬼太郎親子と水木先生
水木さんのルーツとされる島根県隠岐島に向かう鬼太郎親子と水木さんをかたどっているらしい。
水木ロードで私たちを出迎えてくれる妖怪ブロンズ像は、なんと現在136体。

水木ロードの最終地点には水木しげる記念館があります。

Sigerukinenkan

ねずみ男、大人気。
平日にも関わらず、けっこうお客さんがいました。
展示内容は水木しげる的ウィットに富んでいて笑っちゃうcatface
京極夏彦先生プロデュースによる中庭(妖界)もあります。
目には見えないけどきっといる、怖いけどきっと友達になれる、それが妖怪!

Toilet
トイレの表示もカワイイ♡

その後、水木ロードから港方面へちょこっとツーリング。
ツーリング後の乾いた喉は猫娘汁でうるおす。

Nekomusumejiru りんごはちみつ味だニャ

(続く)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

初めてのツーリング♪

バイクじゃなくて自転車のね。

ダンナのお仕事関係で御縁がありまして、三次市のとある自転車屋さんが企画したツーリングイベントに参加してきました。

ツーリング・・・
さんじゅううん年間生きてきて、身体を動かすこととは無縁であり続けたこの私の人生に、よもやこのようにアクティブな一日が訪れようとは。

どこまでもインドアなこのブログで、ツーリングだなんて違和感ありまくりなのですが、声を大にして言わずにはいられない。
私・・・・・・むんぬすごく、がんばったんですっ!!!!!

初心者でも気軽に参加できるようにと設定してくださったコースではありましたが、その距離約50キロ。

Photo_2 (大雑把な地図ですが)

自転車の位置が大体のスタートおよびゴールで、赤いラインに沿って時計回りにグルッと回りました。

ずーーっと平板な道ならいいんですけどね・・・
峠越えとまではいかないものの、想像以上にキツイ所もあり・・・(言い訳1)
なおかつ、もともとほとんど貯金のない体力・筋力が、ここ数年で著しく低下していて・・・(言い訳2)
13名ほどで走ったのですが、わたくし、ダントツでビリッケツでございましたsweat02

午前9時スタートで、昼過ぎには戻ってくる予定だったのに、解散したのは結局午後3時。
私みたいなのがいなかったら、もっとスイスイ行けたはず〜
いろいろ気を使っていただいて、おかげさまでなんとか完走することができたのでした。

急遽参加を決めたのにもかかわらず、前々日にスポーツタイプの自転車も買っちゃいました。

こんなの↓

6

前3段、後ろ8段の24段変速です。
そこそこいいお値段でしたが・・・ずっと乗ってるとお尻が痛くなるぅ〜crying
人間工学に基づいてデザインされたという立派なサドルなんだけど、クッション性はほとんどないのね。
この手の自転車はそういうもんらしい・・・慣れですね、慣れ。

35キロほど走って、いちばんの山場を越えたあたりの道の駅でランチタイムrestaurant
地産地消ヘルシーお野菜バイキング(でもいちばん人気は鳥の唐揚げchick)とジェラート、美味しかった。

キツイ時はほんとにキツかったけど、川沿いの木陰や、緑いっぱいの風景の中走るのはとっても気持ちよかったです。

Bicycle2

そしてなんと言っても下り坂最高。下り坂ラブ。下り坂よ、永遠に。

ツーリングは2ヶ月に一回くらいのペースで開催されるとのこと・・・
次回までに基礎体力作りをしておかなければbearing

| | コメント (6) | トラックバック (0)