弐瓶勉

シドニアの騎士 4巻と5巻

遅ればせながら。
5月23日、出ました!『シドニアの騎士』5かーん!

5

表紙は緑川ゆはたちゃん。緑川だけに、髪の毛の色やっぱり緑なのね。

てゆーか私としたことが・・・4巻の感想もまだ書いてなかったのだった。
忘れてたわけじゃないのだけど、書かねばなーとか思ってるうち、あれよあれよと半年が過ぎ去ってしまい・・・
今回は、4巻と5巻まとめて簡潔に。

続きを読む "シドニアの騎士 4巻と5巻"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

シドニアの騎士3巻

アフタヌーンで連載中の弐瓶勉最新作!
『シドニアの騎士』3巻shine 出ましたよん。
表紙は男でも女でもない科戸瀬イザナくん。

Sidonia3

続きを読む "シドニアの騎士3巻"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

シドニアの騎士2巻

Sidonia2

遅ればせながら。
出ましたshine 弐瓶勉『シドニアの騎士』第2巻shine

表紙を飾るのは星白閑さん。
少し褪せたような赤の色合いが、そこはかとなく耽美で良いですね。
椎名誠さんの帯コメント↓
激しくてやさしくて 不思議な世界。ときめきとコーフンに満ちて 思考をふるわせた。
これまでの弐瓶作品のイメージからすれば?なコメントだけど、シドニアに限ってはなるほどそんな感じ。
2巻を読み終えたあとは特にそう思いました。

※以下、しょーもないコメントを挟みつつ、執拗にあらすじを追っています。
 ネタバレ全開ですので、これから読まれる方はご遠慮ください。

重力祭りの夜、シドニアに奇居子が接近。
討伐隊4人(赤井、百瀬、緑川、青木。ゴレンジャーって呼びたいのに黄色がいない)はそれぞれの衛人に乗り込み、奇居子本体を攻撃できる唯一の武器・カビザシを携え飛び立つ。
しかし討伐隊はあっけなく全滅。(百瀬さんをかばった緑川くん、かっこよかったですねweep

ヘイグス粒子というニューワードが登場しますが、どうやらこれはシドニア世界における主要なエネルギー源のことのようです。
衛人の頭部にはヘイグス粒子砲というド派手な武器も搭載されています。
衛人のお口がガキンと開いて、ドドーン!とヘイグス砲が発射されるシーンはスペクタクル。

シドニア艦長は奇居子の艦内への侵入をなんとしても避けるため、<左右の点火をずらして舵を取り、推力5で加速>を指示する。
それってどういうことかというと・・・シドニア内で生活している人にとっては、世界が大きく斜めに傾く。
地震どころの騒ぎじゃありません。
人間は宙に放り出され、あっという間にそこらじゅうスプラッタ。
「魚なんて放っておいて谷風くん。今は人間が先でしょ」と、星白さんに叱られる長道くん。
長道くんもしや・・・お魚を食べようとしていた?

犠牲者は多く出たが、奇居子の侵入は回避された。
漂流している二本のカビザシを回収するため、岐神海苔夫、星白閑、仄焔、谷風長道の4人が招集される。
長道たちはカビザシ確保に成功するが、先ほどの奇居子に気付かれてしまう。
胞衣の形を変えた奇居子はなんと・・・ヘイグス粒子砲を発射!
これにより岐神機、仄機は行動不能。
暴走した星白機はシドニアとは逆方向のはるか彼方へ・・・星白さーん!
唯一無事だった谷風機は独断で奇居子に立ち向かい、見事撃破してしまいます。
すごいよ!長道くん!
そしてこれまた独断で星白閑救助に向かう。

星白は見つかったが、ヘイグス粒子を使い切ってしまった継衛の中で、長道くんは星白さんとふたりぼっち。
食料も水も尽き、光合成できない長道は体力を激しく消耗していた。
(水ガブ飲みするから・・・)
星白さんはついに・・・自分の尿を濾過して長道くんに飲ませるという決断をします。
(まあちょっと恥ずかしいかもしれませんが、非常事態ですから。それにちゃんと濾過してるんだし。星白さんのだしね。)
星白さん由来の水をそうとは知らず飲んじゃったあとで、「衛人の潤滑剤を濾過する」という方法をひらめく長道くん。もう飲んじゃったけどね。
11日間のランデブーを経て、なんとなくいい感じになってきた二人の元へ、巨大な光の輪が近付く。
それはなんと、二百五十六掌位した衛人だった。
長道の英雄的な行為をシドニアで見ていた守備隊全員が、船規違反をして長道たちを救助しにきたのだ。

帰還した長道くんは、いじめられっ子だった以前とはうって変わってみんなの英雄。
ロッカーには極重力米 大地10kgがみっちり。プレゼントですね。
長道くんがシドニアのコンピューターにアクセスするシーンで、ようやく奇居子およびシドニア世界に関するいろいろが判明します。

奇居子とは、2109年に人類が外宇宙で初めて遭遇した生命体で、衆合船とは、無数の奇居子の集合体。
2371年、それまで人類からの呼びかけに全く応じなかった衆合船から、地球に46体の奇居子が投下された。
それは人型で、海洋生物を補食し、地球を真っ二つに分断した。
太陽系を脱出した播種船は有人無人含め数百隻あったが、2691年、アポシムズからシドニアへの連絡が途絶えて以来、他船との交信はない。
現在シドニア歴1009年(共通紀元3394年)。

つまりシドニアは700年間ひとりぼっち。

岐神、星白、仄、谷風の4人は、正式に衛人操縦士に任命される。
そのお祝いパーティー?で、おでんをモリモリ食べる長道くん。
仄姉妹や岐神も、長道を認めてくれたようだ。
そして天ぷらをモリモリ食べる長道くんに声をかけてきたメイドさんな新キャラは、戦死した緑川の妹・纈(ゆはた)だった。
「兄の仇を取ってくれた谷風さんにお礼を言いたくて・・・何かお飲物をお持ちしましょうか?
 谷風さんは何を飲んでいらしたんですか?」
長道くん「つゆ!」!!!!!(≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦)
・・・・・・久々に笑い死ぬかと思うくらい笑いました。腹筋やられました。

絶句した纈ちゃんをほっぽいて、長道は通りかかった艦長を呼び止め、なぜ自分にそんなによくしてくれるのかと問う。
「私が保護者になったのは、お前が不憫でならなかったからだ」そう言って長道をハグする艦長。
この言葉けっこう本心っぽいなと個人的には思うのですがどうでしょう。
いまのところ良いもんなのか悪もんなのか、謎めいている艦長さんですが。

纈ちゃんはとても積極的な子で、長道に猛烈アプローチ。
二人だけでヘイグス誘導海中浮遊槽(水族館みたいなもの)に乗りたかったが、結局、星白、イザナと4人で行くことになる。
イザナは自分をライバル視する纈にたじたじ。
諦めない纈はものすごく強引に長道と二人で乗ろうと試みるが失敗し、てんやわんやのあげく長道と星白が乗ってしまう。

巨大なイカを眺めつつ意識しあう二人。手なんか繋いじゃったりしてね。
奥手な長道くんのストレートな言動が星白さんの心を揺さぶります。
しかしタイミング悪く招集がかかる。奇居子が出現したのだった。

衛人操縦士として、初のミッションに臨む4人。
今度の敵は連結型奇居子です。27個つながっていて、全長830メートル。
まずは巨大な奇居子の胞衣の体積を減らすため、長道たちはある作戦のもとに戦いを進めていたが、長道に心を開いたと思われた狗神の卑劣な行いにより作戦は失敗してしまう。
気付いたとき長道はベッドの上だった。戦いはいったいどうなったのか。

なんだか全然まとめられなくてとっても長くなってしまいましたので、ここらでやめておきます。
奇居子っていったいなんなんでしょう。
ヘイグス砲は発射するし、地球に降りた奇居子は人型だったというし、星白さんは「人類の友人になりたがっているんじゃないかと思うことがある」なんて言ってましたが。
最後に出てきた奇居子のカタチは・・・衛人ってなんなんだ!?という疑問にもつながりますね。
今回ある程度分かったこともあるけれど、基本的にはナゾだらけ。

そして・・・儚き少年少女たち。
なんというか、どちらかというと生気を感じないつるんとしてお人形さんなビジュアルであるがゆえに、余計に命の儚さを感じます。
弐瓶勉らしいトンデモスケールのSFにギャグと切なさが散りばめられて、不思議な世界。
ますますおもしろくなってきたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シドニアの騎士

4

アフタヌーンで連載中の弐瓶勉最新作『シドニアの騎士』
第1巻、出ましたよんheart

弐瓶さん、絵柄も作風もずいぶん変わったなぁ。
『バイオメガ』の終盤にも変化は如実にみられましたけども、『ブラム学園』の影響強し。
アクが抜けてすっきりクリーンな印象の絵。あからさまなギャグと萌え。
気に入らないファンはいっぱいいるだろうけど、私はこれはこれで好きです。

以下、めんどくさがりの私にしては珍しく、あらすじを詳しく書いてみました。
長いです。合間にコメントしてます。
これから単行本を読まれる方はご遠慮ください。

舞台は<シドニア>という名の巨大な宇宙船。
太陽系を<奇居子(ガウナ)>に滅ぼされて千年、シドニアは人類の存続をかけ航海を続けている。
奇居子とは人に似た姿の巨大な有機体(全長800km以上?触手いっぱい。お馴染みの弐瓶ワード)。
対話は不能。食べた人間のDNA情報でボディを再構築できる?らしい。
※訂正。全長800km以上もあるっぽいのは奇居子ではなく、奇居子の衆合船でした。

主人公の少年・谷風長道(たにかぜながて)は、シドニアの地下で祖父ヒロキと二人きり、外の世界を知らずに暮らしてきたが、祖父は3年前に他界。
食料も尽き、長道は祖父の遺言を破り地上へ出る。(米泥棒の結果だけど)
長道はそこで生まれて初めて、祖父以外の人間に遭遇する。
居住区で暮らすシドニアの人々は長道と違い、植物のように光合成ができ、食事は週に一回摂れば充分なのだった。
(シドニアのごはんは、おこわ、ラーメン、蕎麦など、いたって庶民的です。重力祭りではすじ塩キャベツやリンゴ飴なんかも食べられます)
米泥棒で住民登録もない長道の身元引受人になりたいという人物が現れる。
その人はどうやらシドニアの艦長。女性。ときどき不気味な面をかぶっている。

シドニアは奇居子の広大な領域から抜け出せておらず、来るべき戦いに備え<衛人(もりと)>という戦闘兵器を開発し、操縦士を育成している。
地下の衛人仮象訓練装置で何千回も孤独な訓練を続けてきた長道は、艦長の申し出を受け衛人操縦士訓練生に。

訓練生が暮らす寮の寮母がなぜか熊。またしても熊。しかも片手が!(コズロフの子孫か?)
いまひとつコミュニケーション能力に欠ける長道。日本語がおかしいです。
(長道はド天然キャラ。ずっとおじいちゃんと二人きりだったからね)
他の訓練生には「臭い」と言われイジめられる。
たったひとり友達になってくれた科戸瀬(しなとせ)イザナは、男でも女でもないらしい。(両性具有?ヒロイン?)

長道は訓練生成績トップの岐神海苔夫(くなとのりお)(いけすかないイケメン。名前が海苔夫ってダサ)らと共に初ミッション、資源確保の為の氷塊採掘任務に。
衛人用のスキンスーツは、生体尿管カテーテル付き。
(その瞬間、頬を赤らめる女子と、生まれたての子鹿のようにガクガクする長道くんhappy02
長道の搭乗機は、前の戦争で活躍したという<継衛(つぐもり)>。
古い機体だが、長道にとっては地下の訓練装置で慣れ親しんだものだった。
安全なはずのミッション。しかし氷塊切り出しのため小惑星表面に切断機を打った瞬間・・・奇居子が出現!!
訓練生たちの運命やいかに。

そんな感じのお話でっす。
少年少女が巨大なロボに乗って正体不明の敵と戦うってところが、エヴァを連想させますね。
(ロンギヌスの槍的な武器も登場)
なにげに学園モノでもあります。
各話のタイトルが<谷風長道の選択><岐神海苔夫の激昂><赤井持国の栄光>とか・・・
まるっきし『涼宮ハルヒの憂鬱』だし(笑)
しかしスケール感のトンデモなさは相変わらず弐瓶的で、そこへ『ブラム学園』で培われた萌え要素がちょうどいい匙加減で融合し、新たな弐瓶ワールドが構築されています。
状況的には緊迫しているんだけど、全体的にゆる〜くてまったりな空気が流れている。
母性本能くすぐり系の長道くん。なかなかイジり甲斐のありそうなキャラで好印象。
ごはんをいっぱい食べさせてあげたくなりますdelicious

『BLAME!』や初期の『バイオメガ』のような興奮はありませんけども、弐瓶勉というマンガ家の現在を確認しつつ、これはこれで面白いし読みやすい。
次巻が楽しみですshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バイオメガ6巻!

昨日なんの気なしに本屋さんをぶらついていたら・・・
出てるじゃないか!『バイオメガ』の6巻がっ!最終巻がぁ〜

2

私としたことが・・・発売日をまったく把握しておりませんでした。んもー。バカバカ!!

宇多田ヒカルさんもおっしゃっているように、弐瓶勉のあまりの天才ぶりにほとんどの読者がおいてけぼり〜なここ最近の『バイオメガ』。
48億キロメートルの彼方までついていくには、「ついてくぞ!!」という強い意思が必要。
ぽけっとしてると、15年とか50年とか400年とか、さくっと過ぎてるしね。

最終巻を読み終えて思ったのが・・・
一見殺伐として乾いた世界のいたるところに、そこはかとなく切ない“愛”が感じられるなぁということ。
実は『バイオメガ』は、気が遠くなるほど壮大な愛の物語だったのですね。
家族愛、人類愛、母性愛、一夜限りの愛・・・じいさんなにげに現役だったしね。

でもっていいとこは結局、熊さんが持ってっちゃったような気がする。
67ページのコズロフの横顔がシブイです。
ニアルディとフニペーロの一騎打ちは、『BLAME!』におけるイヴィとセウの名勝負を彷彿とさせました。

とにもかくにも大団円!
みんなあっちこっち飛ばされちゃったけど、なんだかんだでいろいろ丸く納まったんじゃないでしょうか。

知られざるエピソードはいくらでもありそうだし、もうちょっと続けてほしかった気もするけど、これで『バイオメガ』は終了。
『ブラム学園!』で見せてくれた弐瓶さんの新境地が、5巻6巻を読む限り『バイオメガ』にも少し影響しているように感じました。

アフタヌーン2月号(買いそびれた。とほほsweat02)に掲載された弐瓶さんとギレルモ・デル・トロ氏の対談によれば、アフタヌーン6月号より“シドニアの騎士”というタイトルで“巨大ロボットの出てくる宇宙もの”を新連載予定らしいです。
それってちょっと“すずめが”を連想しちゃうなぁ。楽しみshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バイオメガ5巻

「おやーーーっ!!」

「プ」

オナラが出るのは健康な証拠。

「フユ、俺はこの子を守りたい」

そして、造一くんの母性本能は覚醒したのであった。

というわけで、『バイオメガ』5巻です。

1

表紙は、造一がDRFの構成員?を片手でボコっているカット。
これまで女性キャラが表紙を飾るパターンが続いていたので、5巻の表紙は“ヤー”かな?と予測していたんだけど違ってました。
まー彼、いちおう主人公だしね。

4巻ラスト、怒濤の新章突入っぷりでファンを驚愕させた『バイオメガ』。
1巻の頃とは、ぜんぜん違うマンガになりつつあります。てゆーかもうなってます。
地球を種子として、とてつもない変貌を遂げた世界。
ニアルディの思惑通り、<総改換>されちゃった<人類>。
そこに相変わらず造一とフユがいて、重二輪をかっとばしていることに、つい違和感を覚えてしまうほどです(笑)

動物も昆虫も植物もマシンも、すべてが完全に融合してしまったかのような不思議な生態系。
不気味っちゃ不気味なんだけど、そこはかとなくファンシーな印象も受けます。
なんつーか・・・思いがけずほのぼのしてしまうようなシーンが多いんすcoldsweats01

①造一が仕留めた縞重機を囲み、村のみんなでワイワイやってたりとか・・・
②村の女の子にやけにモテモテっぽい造一とか・・・
③しゃべってる途中なのに、造一に「ポイ」される怪人・・・
④「おやーっ!」はもちろんのこと・・・
⑤鼻をほじほじする「おやーっ!」とか・・・
⑥救世主と姫との間で、ちょっとした恋花が咲いちゃったりとか・・・

ぶっちゃけ最初に「おやーっ!」を目にした瞬間は、

Domo

てな感じで、あまりのことに時が止まり、ワンテンポ遅れてドン引きしてしまった私sweat02
しかし!誰がなんと言おうとこれが今現在の弐瓶勉なのだから・・・
つべこべ言わず身を委ねるしかないのだ!!

『バイオメガ外伝』と言ってもいいような、イルンゴルヌルカ様のエピソードはすごく良かった♪
デキの悪い翻訳ソフトで変換したようなセリフがやけにそそります。
「タンノ!城壁を越えるのは不愉快だ!光で蒸発だ!」・・・不愉快って(笑)
“じぃ”がまたイイ顔するんだよね。
“タンノ”がこうして無事だったんだから、熊も二銖もカーダルもイオン・グリーンも、全長48億キロメートルのどこかにきっと無事でいるに違いない。

そして!忘れてはならないのが“頭部保護膜展開”した造一くんのカッコよさlovely
本格的に仮面ライダーっぽくなってきたなぁ。ライダーキィック!!!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

ブラム学園!アンドソーオン 弐瓶勉作品集

萌えheartだらけのメガ弐瓶大会heart おっぱいポロリもあるよheart

読みました!『ブラム学園!アンドソーオン』。

まずはこの意外な表紙。そう来たか!って感じ( ̄▽ ̄)

3_2

なんつーかこう・・・

7 イデオン!!みたいな・・・

8 エヴァ!!みたいな・・・

1_2 グレンラガン!!みたいな・・・
(観てないけど。観たいのcatface

ロボットアニメっぽくて、アナログで。ひじょーにカッコイイ!!と思いました。
装丁は凝ってるし、中身はきっちりフルカラーだし。
これで980円はむちゃくちゃ安いと思う。お買い得!

以下、それぞれ簡単に感想をば。

『ZEB−NOID』(チャンピオンRED 04年7月号)
人間と蠅の融合・・・と言えば『ザ・フライ』ですが、こちらは思いがけずロマンティックな展開です。
愛こそすべて。愛は宇宙を救うのだ!!!

『ブラム学園!』(アフタヌーン 04年5月号)
伝説の第1回目ブラム学園。
わたくしこちらに関しましては、海外のサイトで英語版のをチラ見したことがあるだけだったので、こうして日本語で読める日が来るなんて超感激です。
ダフィネルリンベガが実は女の子であったという衝撃の事実。
この頃はまだ、寡黙な『BLAME!』の世界観がキープされているだけに、笑いもひとしおです。
ブラム学園の中では、やっぱりこれがいちばん好きheart

『ブラム学園! 京都奈良相合傘』(アフタヌーン 07年10月号)
そしてまさかのブラム学園第二弾!
最後のマイッチングしぼさんの絵が、アフタヌーンの時と全然違うー

Sibo1Sibo2

左アフタヌーン、右単行本です。
単行本化にあたり、全体的にちょこちょこ描きかえられているようですが、これはすぐに気がつきました。
どっちのシボさんもキュートだわんshine

『ブラム学園! 桜咲く塔の下で』(アフタヌーン 08年5月号)
これに関してはもうあんまり言うことないダニーッ!!
イコが実は女の子であったという衝撃の事実。

『小包』(商業誌未発表作品)
同人誌『赤い牙』に掲載されたやつなのかな?
ラストカットの“兄”・・・どう見たら兄なのか悩みましたが、弟が兄だというのならきっと兄なのでしょう。
暗くて詩的で、どこかファニーで。弐瓶さんのこういう短編、すごく好きです。

『ネットスフィアエンジニア』(05年別冊モーニング4号)
霧亥が旅した『BLAME!』の時代から、約1000年後の物語。
見えざる主<統治局>も、都市の番人<セーフガード>ももういない。

こんなに長い話だったっけ?
当時、別冊モーニングを買って読んだものの、うっかりさんにもほどがあることにそのモーニングを捨ててしまって手元にないので確認できないのですが・・・(だって連載だと思ってて・・・どうせ単行本で読めると思ってたからweep
ずいぶん描き加えられているように思えるのは気のせい?

『バイオメガ』と違い、確実に『BLAME!』の世界とつながっている『ネットスフィアエンジニア』。めっちゃ胸がときめきます。
主人公?の解体屋は、『BLAME!』のラストで霧亥が守っていた子の末裔じゃないかしら。

『ポンプ』(商業誌未発表作品)
これも『赤い牙』かな。
なんてシュールで不気味なお話。
フランスのトラウマアニメ、ルネ・ラルーの『ファンタスティック・プラネット』を思い出しました。
こういうのよく思いつくなぁ。やっぱ弐瓶さんはすごいわ。

『BLAME!2 第八系子体プセルの都市構造体脱出記』(08年モーニング増刊マンダラ2号)
むおおお〜〜〜
正当なる『BLAME!』続編です。
そうか、珪素生物にとっては霧亥こそが<厄災>なのね。
霧亥に虐殺しまくられ、人間たちに追い立てられた珪素生物は、もはやか弱き存在となっているのだ。
彼女の“プセル”という名前。すごくひっかかるけど、どちらかというと『NOiSE』の裾野結を連想させます。
そして・・・満を持しての霧亥くん登場!!!うっひょーかっこえええーーー
網膜に“珪素基系”とか表示されようものなら、問答無用でブチ殺していた霧亥くんですが、長い年月を経てちょっとは丸くなったのかね。

『沼の神』(アフタヌーン08年10月号)
これも赤い牙かと思いきやアフタヌーンですか。
これは完全にギャグだなぁ(笑)おっさんの妄想の中の“沼の神”、エロいなぁ(笑)
そんなに世の中甘くないんやで!!おっさん!!

『戦翅甲蟲・天蛾』(07年ヤングガンガン No.3)
弐瓶的ガンダムだと思うのです。赤い彗星ベニスズメちゃん。
こちらもかなり描きかえられている様子。
敵艦、全長100キロメートル超。あまりに巨大過ぎて、全体像が分かりまへん(笑)

以上!!いやーめっちゃおもしろかったぁー

『バイオメガ』5巻の方は、結局本屋さんでふつうに売られているのを買いました。
だって早く読みたいんだもんー
ごめんよHMVさん。

てなわけで、そちらの感想はまた後日。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ココログに新機能が追加②

いつのまにか、新しい機能がさりげなく追加されていることがよくあるココログ。

昨日初めて気がついたのですが、サイドバーのいちばん下に、
そんな設定した覚え全然ないのに勝手に

検索フレーズランキング」なるものが表示されておりました。
こんな感じで↓

1

せっかくなので、「バックナンバー」の下あたりまで持ち上げときました。

1位は「ブラム学園」。10位までの半分近くは弐瓶関連。
みんな弐瓶情報を求めているのね。なのにこんなんでごめんなさい(´;ω;`)

昨日19日発売予定だった『ブラム学園!アンドソーオン』と『バイオメガ』5巻。

昨日の午後になって、ネット注文していたHMVより、

ご注文いただきました商品は、取引先からの商品入荷が遅れており、ご案内差し上げておりました予定日での出荷が困難になっております。

というメールがありました。がっくしwobbly
やっぱ『ブラム学園!アンドソーオン』が遅れてるのかなぁ?
amazonでも一昨日くらいにようやく出てて、「発売日:9月22日」って書いてあったし・・・

とか思ってたら、なんと遅れてるのは『バイオメガ』の方。「9月29日出荷予定」とな。
でもamazonでもウルジャンのサイトでも、『バイオメガ』の発売日は「9月19日」になってるよ?

なんなの、この混乱は。カオスは。

「存在するためには、ネットがカオス状態であることが不可欠」である、珪素さんの陰謀ですか?

とりあえず・・・
『ブラム学園!アンドソーオン』はおそらく明日21日に、
『バイオメガ』5巻は30日頃に届くんではないかと思います。
なんだかよく分かんないけど、気長に待ちます。

36

| | コメント (8) | トラックバック (0)

弐瓶祭りだよ☆

ずいぶん前に『ブラム学園』掲載のアフタヌーン5月号で告知されていた、

『弐瓶勉 総天然色短編集(仮)』

改め、

『ブラム学園!アンドソーオン 弐瓶勉作品集』

8月発売予定がいつのまにやら9月に延期されていたのは知っていたものの、いつまでたってもamazonに上がってこないので、しびれを切らして今回はこちらで予約いたしました。

もちろん『バイオメガ』5巻も一緒にheart
どちらも9月19日発売予定。

ところでこのたびの『ブラム学園!アンドソーオン』、
amazonで売っていないばかりか、他のサイトでは「予約を締め切りました」とか言われてめっちゃあせったんですけど・・・なんで?
別に予約限定生産とか聞いてないし?本屋さんでふつーに買えるよね?

オールカラーってことでお値段もはるのだろうか・・・と思ってたけど、980円とかなり良心的価格でございました。

ラインナップは以下の通り。

ZEB−NOID
ブラム学園!/ブラム学園!京都奈良相合傘/ブラム学園!桜咲く塔の下で
小包
ネットスフィアエンジニア
ポンプ
BLAME!2 第八系子体プセルの都市構造体脱出記
沼の神
戦翅甲蟲・天蛾

読んだことないのがいっぱいあるよー
楽しみじゃあああぁぁぁ〜〜〜(≧m≦)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

萌え♡ブラム学園!〜桜咲く塔の下で〜

弐瓶さんてば、またまたやってくれました。
まさかの『ブラム学園』第3弾はなんと!
弐瓶さんの作風とは本来真逆であるはずの“萌え”を、とことんsign01追求sign03

『ブラム学園!〜桜咲く塔の下で〜』

先月25日発売のアフタヌーン5月号に掲載されたものなので、微妙に旬の話題ではなくなっちゃいましたがsweat02
桜もほぼ散っちゃったし。

『ブラム学園』ではもうすっかりおなじみのあの二人が・・・

Moeblame1_2なかよしコンビheart

なぜか巨大なボーリングのピンがあしらわれた造換塔に、うっかり“萌エ属性転写板”を差し込んじゃったことにより・・・だーいへーんしーん!!

Moeblame2ぼいーーーんheart

シボたんもー

Moeblame3パンチラリeye

プセルもー

Moeblame4めがねっ子eyeglass

そしてサナカン先生も!

Moeblame5ゴスロリ先生lovely

みなさん見事に“萌え属性”を転写されちゃいましたshineぷぷぷー
めっちゃ笑える〜おもしろすぎる〜〜〜

もう今後なにがきても驚かんぞ!!ってなくらい、あまりにも衝撃的な“学園シリーズ”ですが、
なななんと!8月には『弐瓶勉総天然色短編集(仮)』に収録され、ついに単行本として発売されるそうです。ひー
フルカラーですよ、フルカラー!
『ネットスフィアエンジニア』や『すずめが』、『BLAME!2』、さらには“商業誌未掲載の幻の短編も収録予定”なんですってよー
それってまさか・・・弐瓶さんがお友達とたまにやってる同人誌『赤い牙』系??だったらどうしましょう・・・オロオロwobbly

うぅ〜楽しみだぁぁぁ〜〜〜

| | コメント (8) | トラックバック (0)