TVドラマ

海外ドラマ『Dr.House』

ブライアン・シンガー製作総指揮ってのと主人公ハウスのキャラに惹かれて試しに観てみたら、すっかりハマっちゃいました。
謎解き医療ミステリドラマ『Dr.House

Housemd

グレゴリー・ハウスは、ニュージャージー州プリンストン・プレインズボロ教育病院で解析医療部門を率いる型破りな天才医師。
白衣は着ない(カユくなるから)
診察嫌い(患者を信用してない。「人はみな嘘をつく」が口癖)
そして皮肉屋で偏屈!!とびっきりの変人です。
お仕事そっちのけでゲームしたり、昏睡状態の患者の部屋で勝手にテレビを観たりとやりたい放題。(実際こんな医者いたらかなり問題かとsweat02
大学時代の友人でもある院長のカディとは、顔を合わせば言い争ってばかり。
それでもカディがハウスをクビにしないのは、どんなに捻くれた性格でも優秀な医師であることに違いはないから。

そんなハウスのところには、他の医師たちが原因を突き止められなかった難病患者が次々と運ばれてきます。
ハウスにはそれぞれ違う専門分野を持つ部下が3人(フォアマン、キャメロン、チェイス)おり、チームハウスはソクラテス式問答法を用いて病気の原因を探っていく。
ハウスは大抵の場合、部下の意見を皮肉たっぷりにこき下ろします。(そしてたまに「なかなかいい線いってるぞ」と褒める)
イチかバチかの診断で治療を進めることが多く、毎回何度かは診断ミスをしにっちもさっちもいかない状態になるのがパターンなのですが、最終的にはハウスのヒラメキにより患者の命は救われます。
ハウスの大嫌いなルーチンワーク外来診察でヒントを得ることもしばしば。
(謎は解けても患者の命は救われない回も稀にある。そこらへんはリアルです)

ハウスのセクハラ、パワハラ、人種差別満載の発言や型破りな行動に、良識ある部下3人は最初のうちこそ反感を抱きますが、徐々にあしらいにも慣れてきて負けじと皮肉で返したり、ちょっとハウスっぽくなってきたりするのが笑えるcatface
ハウスとハウスを取り巻く人達とのユーモアたっぷりでテンポのいい会話劇が面白くってクセになるのです。

実は3話くらいまではまあ面白いけどちょっと地味?という印象だったんだけど、登場人物のキャラクターが固まってきて背景にあるものも見えてくると、ドライな人間関係にもオットナーな感じの愛が感じられるようになってくる。
とは言え彼らはあくまでもプロフェッショナルであり、けして馴れ合いの関係になったりしないところはクール。
恋バナもちょっとだけありますけどね。

それからなんと言っても主人公ハウスのキャラクターが最高!!
てゆーかシブイ!カッコイイheart
ハウス役のヒュー・ローリーはこの役でゴールデングローブはじめ数々の賞を受賞しているらしい。
納得の名演技!ハマリ役です。
最初はこの人なんでこんなに協調性ないの?患者に対して失礼すぎる!なんて思ったりもしたけど、思いがけない視点からキッチリ病気の原因を突き止めてしまうのだから文句は言えません。
そして一度担当した患者を見捨てることはけしてない。
ハウスが一見メチャクチャな行動で多くの人に嫌われ孤高の存在であり続けるのは、いわゆる権力やしがらみ、大病院ならではの裏事情などに流されることなく、正しい行いを貫くためなのだ。と思います。(シーズン1第17話より)
ハウスは右足が悪くいつも杖を使用しており、シーズン1終盤の21話「3つの寓話」でようやくそうなった成り行きが紹介されるのですが、この回の脚本だけそれまでとは違う異色の構成で見応えありました。

シーズン2の6話まで観ましたが面白さが色褪せることはなく、ドラマのクオリティはさらにアップしている印象。
第5話「嘘つき親子」の回にはハウスの両親が登場!
しかもお父様はなんとこの方↓

Rleeermey

ハートマン軍曹ことホイト保安官ことR・リー・アーメイ。濃い親子だなぁー
シーズン1の12話「ドーピング」のオープニングにはブライアン・シンガーもちょこっと出てました。見逃さなかったぞい。
ハウスの唯一の友人である癌専門医ウィルソンは『いまを生きる』のロバート・ショーン・レナードだし、ちょくちょく見知った顔も出ます。

アメリカではシーズン6が放送中とのこと。まだまだ楽しめそうshine

House2House3House4

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ

いまさらだけど『サラコナークロニクルズ』、ほんとに観てみよっかなーとか思ってたら・・・
スーパードラマTV!>で6月17日より放送が始まってるじゃないか!!
あやうくもうちょっとでディスカスするところだったっつの。

Sarah_connor_chronicles3_2Sarah_connor_chronicles2Sarah_connor_chronicles1

(ポスターいろいろ貼ってみた)

さっそく第1話と第2話を観てみたんですが・・・
なかなかおもしろかったです!

女子高生ターミー、キャメロンちゃんのビジュアルイメージは、攻殻か『銃夢』ガリィちゃんか・・・もしくはジェームズ・キャメロンつながりで『ダーク・エンジェル』とか連想させますね。
完璧な美形ではないところが逆に好感持てるし(ネコ顔cat)、サラ、ジョンと3人ですっぽんぽんにならざるを得ないあるシーンで、ひとり地味に例のポーズでキメてたりとか(ポスター右端参照)、ひたむきさがいじらしくってなかなか良い子だと思いました。
ゴツいおっさんタイプのターミネーターを無表情でボッコボコにしちゃう姿にも萌え。

サラ役の女優さんは優等生的な美人すぎて、リンダ・ハミルトンのイメージとあまりにもかけ離れていることに最初は違和感があったんだけど、1話を観終えるころには慣れてしまったし。(あっさり)
ジョン役の子はカワイイけど可もなく不可もなく・・・
このまま成長してちょっと間違えたら、3のアノ人みたいになっちゃいそうな要素がときどき見え隠れするのは気のせいでしょうか。(失礼な。ってどっちに?)
エドワード・ファーロングのT2当時の美少年っぷりを超えられる人はそうそういないからなー
(その美少年も今や・・・うわーんcrying

T1およびT2へのオマージュ・・・というよりそのまんまなシーンがてんこもりなのだけど、それも素直に楽しめたし、あくまでもテレビドラマってことで、映画とは違って寛容な気持ちになれるみたいですsweat02
シーズン1全9話というコンパクトさも、飽きっぽい私にはちょうどいい長さ。
(しかしアメリカではシーズン2の打ち切りが決定したという悲しいお知らせも・・・シーズン1と比べ、視聴者数が半分以下に減ってしまったことが原因のようです。世知辛いのう)

第1話と2話にはまだ出てこなかったけど、『ビバヒル』デイビットことブライアン・オースティン・グリーンもカイル兄役で出演しているらしい。
デイビットはどうなったってデイビットにしか見えない気がして、その点ちょぴっと心配。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

ツタヤに行ったら・・・

でっくすがいた!!

Dex


ついに・・・・・・警察官で殺人鬼なデクスター・モーガンもレンタルされちゃうのね~(≧m≦)

『デクスター~警察官は殺人鬼』
とてもおもしろくて、見れば見るほど奥深いドラマです。
15歳未満の人は観られませんが、そうじゃない方にはゼヒ観てほしい。

ちなみに3月某日にはようやく、FOXCRIMEでサードシーズンがスタートするのだ。
楽しみ楽しみ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

美しい男性!

最近ハマってる番組・・・

BSジャパンにて金曜深夜0時より絶賛放送中の、松尾スズキ完全プロデュース『美しい男性!』

松尾さん作詞による美しいテーマ曲。サイコーすshine

最近この曲が頭の中をぐるぐるぐるぐる回ってる〜

『美しい男性!』のコンセプトは・・・

イケメンという言葉を安易に使うあまり、本当に美しくないものにまで、イケメンという言葉を当てはめてしまう、昨今。
その時流に対し、我々は強烈にNO!を突きつけます。
本当に美しい男性とは何か、“美”を徹底的に追求し、独自の視点で盛り上げて行くのが当番組のコンセプトです。

・・・と、公式ページのトップに書いてありますが、その“独自の視点”ってのがあまりにも個性的過ぎるんだよぅー
さすが松尾スズキ。フツーの番組をやるわけがないです。
特に“美しいカンペ相撲”“真剣美青年ぬめり場”が好きだなぁheart

出演しているボーイズは、役者志望の学生さんだったりモデルさんだったり、サラ・ジェシカ・パーカーのおともだちだったり(笑)・・・プロフィールもさまざまに美しい。
将来有望なうら若き男子がこんなことやってていいのかね?と、ぶっちゃけ最初は心配もしましたが、なんかもう慣れました。

いまのとこ、デレアヌ悟仁くんのことが気になってます。

1 世が世なら俺がウェンツ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デクスター 〜警察官は殺人鬼

Dexter

America's Favorite Serial Killer!!

FOXCRIMEで絶賛放送中の『デクスター 〜警察官は殺人鬼』が、おもしろいっ

TVドラマって、自分がどんくさいばっかりに大抵見逃したり、せっかく見始めても根気が続かなくてリタイアしたり・・・というパターンが多いんだけど、これは久々にハマりそう♪

マイアミ警察殺人課の血痕分析官(そんな仕事があるんすね)であるデクスター・モーガンの誰にも言えない趣味・・・

それは、一風変わった殺害方法により人を殺し、殺した人間の血液をコレクションすること♡

といっても手当たり次第に殺してるわけではなく、4歳で孤児となったデクスターの育ての親で、警察官でもあったハリーの掟によって、「法の目をすり抜けた凶悪犯」のみをターゲットとしているのです。

ハリーは、血に異常な興味を示す幼きデクスターの内なる衝動を認め、どうせ殺すなら法で裁けない凶悪殺人犯どもを標的にするよう彼を導いたのであった・・・

正義の味方であるはずの警察官が実はシリアルキラーとは、これまた直球ど真ん中にアメリカンなドラマが始まったもんだ・・・くらいにしか最初は思ってなくて、そんなに観る気はなかったんですが。

先日シーズン1の最終話をたまったま観て、すっかり引き込まれちゃいました。
最終話だったんで、いつにも増して気合いの入った作りだったのかも?
とにかく、これまでチェックしてこなかったことを激しく後悔。。。
陰惨な内容なのに陽気なラテン系ミュージックを印象的に使用するセンスや、ときどき妙にコミカルだったりするところも気に入りました。
シーズン1は各動画サイトでも既にことごとくサクジョされており後の祭り・・・再放送してぇ〜〜

おぞましさと美しさが融合したオープニングからしてむちゃくちゃイイです。
デクスターがただ髭剃ったり、あさごはん食べたりしてるだけなのに・・・なんなのこの生理的不快感は。
でも好き♡みたいな。こんなの↓

title credits for dexter

デクスター役のマイケル・C・ホールがまた素晴らしくハマリ役で巧いんですわ〜
彼が大ブレイクしたというドラマ『シックス・フィート・アンダー』は観てないけんど、どっかで見た顔だなーと思ったら『ペイ・チェック 消された記憶』に出てた人だったんですね。

『デクスター 〜警察官は殺人鬼』・・・シーズン2は絶対みのがさないぞぅ〜

Dexter1 I ♡ DEXTER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『帰ってきた時効警察』との別れを惜しむ

Jikou2

これまでだ~れにも気付いてもらえない程度にささやか~にほのめかしてきましたが、実はテレビ朝日の深夜ドラマ『時効警察』の大ファン・・・と言っても過言ではないのだ。

テレビドラマってそんなにマメには観ない方なのですが、これはもう珍しくDVDボックス買っちゃうほどにハマりまして。今年の4月に『帰ってきた時効警察』がスタートしてからは、録画したものをサルのように繰り返し観てはバカ笑いしてご満悦というどーしょーもない日々を送っておりました。毎週金曜日の深夜にこんなに楽しいものをテレビで観られるなんて・・・あぁ幸せ。幸せが随分お手軽ですいません。

正直最初は、「趣味で時効の事件を捜査?せっかく解決しても所詮は時効、しかも霧山の趣味・・・。犯人が不安にならない為の”誰にも言いませんよカード”を渡して終了?なんかヌルいしスッキリせんな~」といった不満があり、あまり乗り気ではなかった私。まぁ確かに一応は刑事ドラマ、事件を推理していく上である程度のロジック的なクオリティやスリリングな展開というのも大切だとは思いますが、この『時効警察』に関してはそういったことは実はあまり重要ではございません。ございませんでしょ?

『時効警察』の見どころ、それは・・・

①時効管理課にて繰り広げられる、熊本課長(岩松了)、又来さん(ふせえり)、サネイエ(江口のりこ)、霧山くん(オダギリジョー)、三日月さん(麻生久美子)による非常~にテンポのよいミニコント。『帰ってきた~』では、新卒警察官・真加出くん(小出早織)が新たに時効課に配属され、若さをアピールするでもなくフツーに時効課の一風変わったノリに馴染んじゃってたりとかします。

②ヒロイン三日月しずかを演じる、麻生久美子の我を忘れたコメディエンヌっぷり。もうカワイイやら可笑しいやら。オダジョーの演技指導もちょくちょく入っているようです。

③全話すみずみにまで散りばめられた小ネタの数々。チラリと映る小道具ひとつひとつに至るまで見逃せません。

まー大体、そんな感じ。刑事課のエース・十文字さん(豊原功輔)&蜂須賀さん(緋田康人)、鑑識課の”町で見つけたヘンなものオタク”諸沢さん(光石研)のことも、もっちろん、大好きなんだなおぉい!

演出・脚本を手掛けるのは主に、三木聡、園子温、ケラリーノ・サンドロヴィッチといったテレビ界、映画界、演劇界の第一線で活躍するクリエイターの皆様。完成度の高いのはやはり三木聡さんの回ですが、個人的にはケラさまの回が楽しくてしょうがないです。ナイロン100℃のメンバーいっぱい出るし~犬山イヌコさんサイコーですわぁ♪

前回は熊本課長役の岩松了さんがたびたび演出に参戦なさってましたが、今回はなんと!先週放送の第八話「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」で主演俳優オダギリジョーご本人が演出・脚本を務めちゃってました。かなーり好き勝手やってる風ではありましたけど、前シリーズに比べて全体的にキレのなさを感じる今回のシリーズの中ではなかなかに挑戦的な演出で良かったんじゃないかと思います。

そんな金曜の夜の楽しいひととき、『時効警察』もついに昨日で最終回。寂しいわぁ。フィナーレ担当はやはり三木聡、そして犯人役ではないけれど、三木聡監督最新作『図鑑に載ってない虫』の衣装メイクそのまんまの松尾さん出演シーンが楽しかった。麻生久美子に向かって「ブス!!」って(笑)現在体調不良で療養中の松尾さん・・・もともと虚弱っぽいイメージはあるけれど、なんとか健康を取り戻して無事に復帰されることを祈っております。

| | コメント (4) | トラックバック (5)